【↓ 当サイトから登録で30ドルもらえる!期間終了前に♪】

ベラジョンカジノでのココモ法とは

カジノ必勝法として数学的に証明された有効戦略として、ココモ法は知られています。

一度の勝利でそれまで抱えていた損失を全て取り返す方法であり、マーチンゲール法の変形となります。

マーチンゲールはゲームに負ければ掛け金を二倍にして賭けていき、勝てば損失額を一気に回収する方法であり、この場合は負け損失額の回収のみ目的にした手法です。

ココモ法はマーチンゲールよりもリスクは少ない上に利益も出せる事から、実践的必勝法と言えるでしょう。

ココモ法では初回と2回目の掛け金は1ドル、3回目の掛け金は1回目の掛け金と2回目の掛け金の合算ですから2ドルとなります。

つまり負けた時に前回と前々回の掛け金合算投資する方法です。

4ゲーム目なら2回と3回の掛け金合算なので1ドルと2ドルの合計3ドル、5ゲーム目なら2ドルと3ドルの合計5ドル、このような規則性により10ゲーム目を例にすれば、8回と9回目の掛け金合算、21ドルと34ドルの合計55ドルです。

マーチンゲールと比較すればゲーム進行するにつれてベット額の膨らみが緩く、メンタル面にも有効な手法となります。

ベラジョンカジノでのココモ法のメリットとデメリット

ココモ法のメリットとしては、マーチンゲール法みたいに爆発的に賭け金が膨らみにくい事、一度の勝利で負けを全て取り戻せる事、理屈が解ればシンプルだということです。

デメリットはオッズ3倍以上のゲームに使用出来て、オッズ2倍なら1度の勝利で勝ちにならないので注意が必要です。

マーチンゲールと比べて賭け金が膨らみにくいと言っても、連敗が続けば当然膨らんでいきますから、ベット出来る資金が尽きれば大敗となります。

連敗が続く程に勝った時には利益も増えるという強みがある反面、やはり資金が底を付いた時には大敗する弱みも抱えていますから、理論上は継続出来る資金があればいつか必ず利益になりますが、注意も必要です。

ベラジョンカジノのココモ法で注意しておきたいこと

ココモ法で注意しておきたいのは、カジノ側のベッド制限設定を見ておく必要があり、ルーレットではマキシマムベットの設定があるということです。

マキシマムベットは一度に賭ける事が出来る最大掛け金であり、それが1000ドル設定になっていると、ココモ法が継続可能ならば理論上必勝の手法でも、負け続けて掛け金が膨らんでいけば途中で勝負出来なくなるのです。

ですから、何回連続で負ければ勝負を諦める等の損切ポイントを設定し、負ける事も想定した取引を行う事も重要となります。

資金面に不安があればココモ法使用が向いていないと言えますし、この辺りはマーチンゲール法でも同様ですが、オッズ3倍以上のゲームに利用するココモ法は当たる確率が2倍のマーチンゲールより低いです。

このように、ココモ法のやり方では資金コントロールやリスク管理の徹底は必須と言えます!

【↓今なら登録後の入金で最大1000ドル(約10万円分)のボーナスを貰える!】

© 2019 ベラジョンカジノ 遊び方 徹底紹介! rss