【↓ 当サイトから登録で30ドルもらえる!期間終了前に♪】

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法は、カジノでゲームを行う際に用いる事が可能なベット戦略の1つです。

ルーレットで赤か黒に賭ける際や、バカラやブラックジャックといった勝率が50パーセントのゲームを行う際に使用可能な方法となっています。

具体的なやり方としては、勝負に負けてしまった場合には前回の賭け金よりも倍の金額に増やすというものです。

しかもそれでも負けた場合には、更に倍といった形で4倍、8倍、16倍と勝負に勝つまで倍賭けを続けます。

そして勝負に勝てた段階で、また最初の賭け金に戻すというシンプルなベット戦略です。要するに勝つまで倍賭けを続ける事でそれまでの負け分を一気に取り返せす事が出来るというのが基本的な考え方となっています。

同時に基本的に勝率が50パーセントである事が根底にあるため、大きな連敗はしないというのが前提条件としてあるのです。

マーチンゲール法 メリットとデメリット

マーチンゲール法のメリット

マーチンゲール法のメリットとして1番に大きいのが、負けが続いていてもその負け分を一気に取り返す事が出来る点だったりします。特にギャンブル初心者の人は負ける事を想定せずに、ゲームに参加してしまう人が多いです。

そのため負けるとついつい熱くなってしまい、持っているお金を全部賭けて大負けしたり、逆に負け分をもう取り戻せないと諦めてゲーム自体から手を引く事が少なくありません。

ですがマーチンゲール法を実行していれば、次のゲームに勝ちさえすれば一気に負け分を取り戻す事が可能です。なので精神的にかなり気楽な感じでゲームに参加出来る点もメリットだと言えます。

マーチンゲール法のデメリット

マーチンゲール法のデメリットと言えるのが、大型の連敗を喫すると取り戻せなくなる恐れがある事です。

ゲームの勝率が50パーセントと言っても、きっちりその数字が出る訳ではありません。あくまで50パーセント前後の勝率という揺らぎが生じてしまいます。

しかもゲームというのは5連勝する事もあれば、逆に8連敗するといった事も起こる可能性があるのです。

確かに7連敗以上が起きる確率は1パーセントに満たない低確率ですが0ではなかったりします。

更に万が一その様な大型連敗が起きると、8連敗で最初の賭け金の128倍、9連敗で256倍となり膨大な賭け金となるのです。

その結果、賭け金不足に陥ったりベット制限引っ掛かってその金額を賭ける事が出来ないケースも生じてしまいます。

マーチンゲール法の由来(説)

かつて南フランスに存在したマーティギューという地方は、変わり者が多く暮らしている地域として有名でした。

そんなマーティギュー地方の出身者がこの倍々ベット法を用いてしょっちゅう負けていたのでバカにされてマーティギューシステムがマーチンゲール法と呼ばれる様になったという説があります。

もっとも負け分を一気に取り戻すために、次の勝負で賭け金を多く賭けるというのはギャンブラーの心理として良くある事だったりしますよね。

マーチンゲール法は、そんな典型的なギャンブラーの心理を良く表したベット法なんです。

【↓今なら登録後の入金で最大1000ドル(約10万円分)のボーナスを貰える!】

© 2019 ベラジョンカジノ 遊び方 rss