【↓ 当サイトから登録で30ドルもらえる!期間終了前に♪】

ベラジョンカジノで使えるモンテカルロ法とは

ベラジョンカジノでも使う人が多いモンテカルロ法ですが、ルーレットの赤黒やバカラやブラックジャック等の2倍配当のゲームか、もしくはルーレットのコラムの様な3倍配当のゲームに使える方法です。

ただし行う手順はなかなか複雑であるため、実行する際にはペンと紙を用意する事をおすすめします。

しかもペンに紙でメモしながらプレイするので、実際に店舗でプレイするランドカジノの場合は禁止される恐れがあるので注意が必要です。なのでオンラインカジノで試した方が、無難な方法だと言えます。

ベラジョンカジノでのモンテカルロ法の具体的なやり方

ベラジョンカジノでのモンテカルロ法の具体的なやり方ですが、まずは紙に123と数字を書く事です。

そして両端の数字である1と3を足した4をベット額とします。負けた場合には123の数字に4を加えて1234として、再び両端の1と4を足し今度は5をベット額とするというやり方です。

この様にして勝つまで数字を足して行くのが基本となります。次に勝った場合には、2倍のゲームの場合は両端の1つづつの数字を消して行き、3倍のゲームの場合には両端の2つづつの数字を消します。

その結果、数字が全て消されるか1つだけになったらゲームを終了するというやり方です。

ベラジョンカジノでのモンテカルロ法のメリットとデメリット

モンテカルロ法のメリット

モンテカルロ法のメリットと言えるのが、こういったベッティングシステムとしては賭け金が一気に膨らむ事がない点だったりします。

古典的なベッティングシステムとして有名なマーチンゲール法は負ける度に倍賭けして行くので、賭け金が一気に膨らんでしまうのでプレッシャーになる事が多いです。

ですがモンテカルロ法は負けても徐々に賭け金が増えて行くだけなので、実践する際に掛かるプレッシャーが少なくて済む点は利点だと言えます。

加えて紙にメモしながら特殊な手順でベットするので、攻略法を用いているというちょっとした安心感も得られる点はメリットと言う事が可能です。

モンテカルロ法のデメリット

デメリットとしては、やり方が少しややこしいので紙にメモしながらでないと間違えてしまう可能性が高いということです。そのためカジノの実店舗で行おうとすると不正を疑われてしまう恐れもあるので注意が必要です。

だからこそランドカジノでは実践が無理なケースが生じる恐れがある点もデメリットと言えます。

更に2倍のゲームで用いた場合には、ワンセッション終了した時点で必ず利益が確保出来る訳ではない点もデメリットです。

モンテカルロ法の由来(説)

モンテカルロ法はモナコ公国にある4地区の1つであるモンテカルロを名前の由来としています。というのもモンテカルロには公営カジノがあるためギャンブルで有名な街となっているからです。

元々は第二次世界大戦中にアメリカのロスアラモス研究所で働いていた数学者のジョン・フォン・ノイマンが、中性子が物質の中を動く様子を解析するために考案しました。

ただし命名したのは、同僚の数学者であるメトロポリスと言われているのです。

理由としてはトランプゲームからその方法を着想した事と、メトロポリスにはモンテカルロのカジノで借金をしている叔父がいたためにその名前が付けられたと言われています。

【↓今なら登録後の入金で最大1000ドル(約10万円分)のボーナスを貰える!】

 

© 2019 ベラジョンカジノ 遊び方 徹底紹介! rss